東京女子大学同窓会埼玉支部映画好きのお喋りの会


by sscinema

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月BSテレビお薦め情報

日に日に秋が深まってまいります。
お時間が許せばご覧になってみてくださいませ。

           YOKO

*10/6(月) BS朝日 後6:30~後8:54
「火天の城」(09日)

天下にあと一歩と迫った信長は力の象徴として安土城を建てることを決意。その任についた宮大工、岡部又右衛門はのべ100万人を動員し、高さ200mにおよぶ大建築に挑む。
(築城について色々な事を知り、興味深く。お城を見る度にこの映画を思い出す。)
火天の城 | Movie Walker



*10/10(金)  NHK BSプレミアム 後11:45~深2:15
「戦場のピアニスト」The Pianist (02仏、ポーランド、独)

ナチスドイツが支配するポーランドで逃亡生活を送ったユダヤ人とピアニスト、シュピルマンの回想録を映像化した真実の物語。自らもゲットー経験者の鬼才ロマン・ポランスキー監督渾身の一作
(アカデミー賞、他数々の賞を受賞した名作、瓦礫の中のピアノの音色の美しさと前向きなユダヤ人青年に打たれる。)
戦場のピアニスト | Movie Walker



*10/12(日) BS日テレ 後8:00~後9:54
「小さな恋のメロディ」 Melody (71英)

「私たち、好きなのね」「じゃ、結婚しようか」小学校の同級生美少年ダニエルとメロディは昼休みに結婚式を挙げた。製作者と脚本家が自分達の幼い日の体験をつきまぜて作った。音楽はビー・ジーズ。
(古い映画ですが、制服姿の英国の坊やダニエル(マーク・レスター)の可愛さは忘れられない。)
小さな恋のメロディ | Movie Walker



*10/17(金)  NHK BSプレミアム  後11:45~深1:50
「恋におちたシェイクスピア」Shakespeare in Love (98米)

16世紀終わりのロンドンを舞台に人気作家シェイクスピアと令嬢バイオらの恋物語を「ロミオとジュリエット」誕生秘話の仮説と合わせて描いたラブストーリーの傑作。ああアカデミー作品賞、主演女優賞(G.パルトロウ)脚本の軽妙さに心が躍る。
(ふとシェイクスピアの時代にタイムスリップした気になって観てしまう。)
恋におちたシェイクスピア | Movie Walker



*10/31(金)  NHK BSプレミアム  後11:45~深2:05
「ツリー・オブ・ライフ」 The Tree of Life (11米)

テレンス・マリック監督が「人はなぜこの世界にいるのか」という哲学的な問いに影像で挑んだ問題作。一度では理解不可能な深遠な映画。中年をむかえたジャックは厳格な父とやさしい母に育てられたテキサスでの子供時代を回想する。そして彼の思いは世界各地の風景、宇宙の神秘へと広がる。
(米国は日本では想像できない程、広大の大陸、たとえニューヨークみたいな大都会でも面積ではなくても「デカイ」という言葉ぴったりと感じる世界で生き延びるには人間の「絆」がとても大切で、必要なものです。開拓の時代から家族の強い絆無くしては生き延びれない。子供は親が鍛える。親の存在は子供には絶対的なもの。この事が解っていないと、この映画の親子関係は理解できないのではないかと思います。)
ツリー・オブ・ライフ | Movie Walker



★映画館情報

私が観たいと思っている近くの映画館上映のNew Movieは

*「ジャージー・ボーイズ」(9/27) Movix
ジャージー・ボーイズ | Movie Walker

*「誰よりも狙われた男」(10/17)浦和 フィリップ・シーモア・ホフマン遺作
誰よりも狙われた男 | Movie Walker

*「ジゴロ・イン・ニューヨーク」(9/27) 浦和 ウディ・アレン
ジゴロ・イン・ニューヨーク | Movie Walker

*「サンシャイン 歌声が響く街」(9/27) 浦和
サンシャイン 歌声が響く街 | Movie Walker

*「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」(10/4) 浦和
予告編動画を見る

*** 近くの映画館情報 ***

☆新都心のMOVIX
 http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000022_CALENDAR.html  

☆ユナイテッドシネマ浦和
 http://www.unitedcinemas.jp/urawa//index.html 
[PR]
by sscinema | 2014-09-29 10:47 | お知らせ | Comments(0)
少し凌ぎやすくなり、13名の参加で3ヶ月ぶりのお集まりでした。

暑い夏であまり沢山は観れなかったとおっしゃりながら、それぞれに意味のある作品を観られたらみたいで、いつか機会があったら、皆さんのお話を思い出しながら新しい視点で作品を鑑賞出来ると思いました。
TV放映のお薦め作品以外の良品をを見つけたり、劇場へ出かけたり積極的に映画に向かわれている姿勢にSSシネマ同好会の意義を感じました。

e0304734_23135366.jpg


◆今回話題にあがった映画、洋画など◆

*『森聞き』
前回紹介された映画で、全国の高校生に働きかけ、森で働く人々をインタビューして「森の事を知ろう」というドキュメンタリー。色々な高校生の実態とともに森の大切さを考えさせるもので、音楽もよく感動もの。
『Wood Job』は『森聞き』を基に三浦しおんが本を書き映画になったもの、
ユーモアもあり面白かった。   
いろいろな劇場を見つけ、何人か観たとのこと。

*『悪の手ざわり』
渋谷のミニシアター 現代の中国経済繁栄の裏側を描いたもの。

*『グランドブタペストホテル』
ストリー事体はたわいないもの。盛りだくさんの名優人が出てくる。
これらの俳優の事を知らなければ、つまらないものかもしれない。

*『私の中のあなた』
両親が白血病の姉のドナーとして妹をもうけ、11歳になった少女ドナーを拒否、
両親を訴えるという問題作。米国の実話。子供に対する愛情より、人類存続の為の
進歩研究優先との考え方がやはり、日本人との違いなのでしょうか?
 『ノア』  神との約束、ノアの方舟の中で生まれた息子夫婦の子供も「つがいは一つ」と言う約束
のもとに殺さなければならない。これにも通ずるのではないか?

*『クロワッサンで朝食を』 (Une Estoneanae A Paris)
独特のパリジャンと外国人のエストニアナの家政婦との対比、
シャネルのファッション、ジャンヌモローの演技、パリの街。仏映画らしい。

*『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 (Extremely Loud &Incredibly Close)
原題の直訳で題は長たらしいが、9・11で亡くなった父親の遺品の鍵の謎をときながら様々な人との出会う少年の純真さが迫る作品。

*『ナイアガラ』 『グランドホテル』 『禁じられた遊び』
 『グッドウイル ハンティング』
 亡きロビンウイリアムズが好演
(Goodwill Hunting とは主人公の名前)
古い作品もまたいいものがある。

* 『ショーシャンクの空に』 『ブロックバック マウンテン』 『僕が星になるまえに』
この3作品は今でも印象に残った作品です。機会があったらご覧になってください。


◆邦画◆

* 『超高速参勤交代』
 時代劇コメディ 笑えた。参勤交代の事がわかった。   
 
*『るろうに剣心』
スピーディーなアクション、セット、爆発 奥行のあるかっこいい映像で楽しめた。

*『ルパン三世』
 なかなかかっこよくて、痛快に出来上がっている。

*『少年H』 
大空襲を経験した方々には幼い頃を思い出すこととなった。


◆アニメ◆

* 『思い出のマーニー』 『借りぐらしのアリエッティー』
ジブリ作品は色も美しく考えさせられる面もある。


◆インド映画◆

* 『きっと、うまくいく』 『マダムインニューヨーク』
『命ある限り』 『スタンリーのお弁当箱』

インド映画は時間も長いが、歌と踊り、俳優が美しく、かっこよく とても楽しめる映画。


I さんは 「映画音楽100選」 というCDを買われ、映画を思い出したりで楽しめる。
 『ハムレット』(ソ連)古いレア物を購入し、絶賛された。

次回もまたいろいろなお話を楽しみにしております。
e0304734_23153743.jpg


   第8回  日時  2014年 12月 8日 (第2月)  下落合コミュニティセンター
[PR]
by sscinema | 2014-09-09 23:16 | 報告 | Comments(0)