東京女子大学同窓会埼玉支部映画好きのお喋りの会


by sscinema

<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

私の独断と偏見の選択で6月のお薦め番組をご紹介します。
時間が許せば録画してご覧になってください。
暑さも厳しくなることと思います。
どうぞお大事におすごしください。

                YOKO

*7/11金 NHK BS プレミアム  後11:45~深2:09
「ショーシャンクの空に」 The Shawshank Redemption(94米)

スティーブン・キングの短編の映画化。オスカー賞はなかったものの、映画史に惨然と輝く感動の名作!
(とても好きな映画で、私の100選の中にはいるものです)
ショーシャンクの空に | Movie Walker


*7/12(土)  BS-TBS 後6:30~後8:54
「ラスト サムライ」 The Last Samurai(03米、ニュージーランド、日)

武士道に魅せられたアメリカ人青年(トム・クルーズ)の生きざまを描きヒットした。
(大した映画ではないのですが、渡辺謙がハリウッドで認められて頑張っています)
ラスト サムライ | Movie Walker


*7/16(水) NHK BS プレミアム  後1:00~後2:39 
「愛のメモリー」 Obsession    (76米)

デ・パルマ監督がヒッチコックへの敬愛を全開にしたサスペンス。実業家は妻と娘を誘拐され、2人は追跡中に事故で死んでしまう。16年後、イタリア、フィレンツェで妻と生き写しの女性と出会う。
(観たとは思うのですが、印象にないので見てみるつもり、批評は4つ星でした)
愛のメモリー | Movie Walker


*7/19(土) BS日テレ 後2:00~後4:00
「最高の人生の見つけ方」 The Bucket List(07米)

J.ニコルソン、M.フリーマンの共演。富豪で傲慢な男と家族のために働き続けた男がともに余命6ヶ月と診断された。気の合った2人はやりたいことをやろうと旅に出る。
(貧富にかかわらず死はやってくる。お金を使う空しさを感じる)
最高の人生の見つけ方 | Movie Walker


*7/26(土) BS 朝日 後9:00~後10:59
「ギルバート・グレイプ」 What’s Eating Gilbert Grepe (93米)

過食症の母と知的障害の弟を抱えるギルバートは家族の世話に追われていた、、、、
弟役のディカプリオがオスカーノミネート。
(見終った後、心に優しさが広がる味わい深いいい作品です)
ギルバート・グレイプ | Movie Walker


*7/30(水) NHK BS プレミアム 後1:00~後2:51
「レインメーカー」 The Rain Maker (97米)  

J.グリシャムの「原告側弁護人」をF・コッポラが映画化。M.ディモン主演
(アメリカ人の好きな法廷ものですが、いかがでしょうか?)
レインメーカー | Movie Walker


~地上波のジブリ作品~

*7/4(金)日本テレビ系 後9:00~後11:44
「もののけ姫」 (97日)

もののけ姫 | Movie Walker


*7/11(金)日本テレビ系 後9:00~後10:54
「となりのトトロ」(88日)

となりのトトロ | Movie Walker


*7/18(金)日本テレビ系 後9:00~後11:04
「借りぐらしのアリエッティ」 (10日)

借りぐらしのアリエッティ | Movie Walker


~映画館の映画~ 

私が観たいと思っている近くの映画館上映のNew Movieは7月は特にありませんが、ジブリの「思い出のマーニー」が7/19から公開され、アニメは大画面で観る事にしています。
思い出のマーニー | Movie Walker


*** 近くの映画館情報 ***

☆新都心のMOVIX

 http://www.movix.co.jp/app/SMTT000000022_CALENDAR.html  

☆ユナイテッドシネマ浦和
 http://www.unitedcinemas.jp/urawa//index.html 
[PR]
by sscinema | 2014-06-27 21:31 | お知らせ | Comments(0)
今回は新村千穂さんを再びお迎えし、下落合コミュニティセンターにて
新会員の方や見学参加して下さった方々を含め
25名もの参加で大変活気あるお集まりでした。
e0304734_2110072.jpg

まず 「最近の映画界」について新村さんのお話

*「アナと雪の女王」(Frozen)
  空前の興行成績をあげている。
ディズニーアニメーション、アンデルセン原作「雪の女王」double heroine
  子供向けばかりでなく、大人の女性向けに歌を押し出し観客動員をねらう。
  松たか子の歌はディズニー本社も大絶賛。

*「ブルージャスミン」 
  本作でアカデミー賞主演女優賞を受賞したケイトブランシェットの好演は必見。
*「それでも夜は明ける」
  ブラッド・ピットの製作会社。以後この会社の作品は多く見られそう。
  今後の注目作品。

*「ネブラスカ」アレキサンダ・ペイン監督 50代 注目の監督 
  「サイドウェイ」「ファミリートリー」等、家族愛を中心に描いていく。

*「グレース・オブ・モナコ公妃の切り札」ニコール・キッドマン主演 日本10月公開
  今年のカンヌ映画祭で取り上げられた。他にも伝記映画が多い。
  「Mr. ターナー」英国の監督マイクリー、「イヴ・サンローラン」9/6浦和シネマ

*「ノア 約束の舟」
  旧約聖書 創世記の知識が必要

*「マレフィセント」ディズニー映画 
  アンジェリーナ・ジョリー主演作 眠れる森の美女の魔女の話
  7/5公開 浦和シネマ、Movixさいたま 

*「思い出のマーニ」
  ジブリ作品  double heroine

*「Big Hero 6」ディズニーアニメ作品
  舞台は架空の都市San Fransokyo、 日本人が主人公
  ゲームの世界を舞台としたファンタジー作品

*「All You Need is Kill」
  原作は日本人  トム・クルーズ主演 
  サイエンスフィクション ミリタリーSF 2014年夏

※トム・ハンクスについて
  新村さんがトム・ハンクスに直接インタビューした時
  『誰もがひとりぼっち、人生は生きのびるより、生き続ける事が難しい』
  という名コメントは印象的だった。
  コメディ俳優としてスタート。 
  外国のjoke は日本では通用しない事が多い。
  「スプラッシュ」 ロン・ハワード監督 トム・ハンクス出世主演作品映画。
  「フィラデルフィア」「フォレスト・ガンプ」でアカデミー賞。
  「ものすごく煩くて、ありえない程近い」(2011年)9・11で亡くなった父親役。
  いい映画。


〇今回の話題に上がった映画は
 
*「トスカーナの休日」
  美しいイタリアの地にイタリア人とはどこか少し違うアメリカ女性が馴染もうと
  頑張る。
  私はこの先この違いは埋まるのかなっと思いながらラストシーンをみていた。

*「マンデラ 自由への長い道」
  良い映画。 『憎しみから何も得られない』

*「アナと雪の女王」
  歌のすばらしさ、メロディーがいつまでも残る。
 
*「ウオルト・ディズニーの約束」(Saving Mr..Banks)
  ディズニー作品 「メリー・ポピンス」製作の実話 感動した人が多かった。
  トム・ハンクス エマ・トンプソンが好演

*「Wood Job!」
  三浦しおん(舟を編む)の小説 林業の大変さ、伝統的な祭り、ドラマチック、
  ダイナミック、社会性など多くが盛り込まれ大変よい映画。
  機会があったら是非観る事を薦められる。

  同じ林業の事を描いたドキュメンタリー「森聞き」
  ミニシアターしか公開されていないが、大変興味深い作品。

*「テルマエロマエⅡ」

  原作はコミックでは、楽しめたものが映像化されると想像が違って失望もある。

*「グローリー」
  南北戦争の北軍側の黒人兵デンゼルワシントン。アカデミー賞受賞。

*「わが母の記」「汚れなき悪戯」
  年齢に関係なく男の子が母を思う気持ちは大きい。

*「8月の家族たち」
  メリル・ストリープスの迫真の演技に圧倒される。
  外人の母と娘は親子より女同志と見える。

*「スラムドッグ$ミリオネア」
  アカデミー作品賞 インド社会を垣間みて考えさせられる。
  最後のインドの群舞は楽しめる。

*「ウオークザライン」
  アメリカのカントリー・シンガーのKing とよばれたジョニー・キャッシュの伝記映画


〇映画会社はどうにかして興行成績を上げるために宣伝文句を考える。

 広告の仕事をかつてやっていたKさんが
広告のAIDMAの法則
 Attention, Interest, Desire, Memory, Action は
 大切な要素であると教えて下さった。

今回は多くの方の感想をお聴きして、随分時間が長くなりましたが、
また次回いろいろなお話を期待しております。


次回は 9月8日(月) 下落合コミュニティセンター(地図) 第1集会室

                    YOKO
[PR]
by sscinema | 2014-06-10 21:47 | 報告 | Comments(1)