東京女子大学同窓会埼玉支部映画好きのお喋りの会


by sscinema

2018年1月TV映画のお薦め作品

年の瀬、ご多忙でいらっしゃると思います。

遅くなりましたが2018年1月のTV映画のお薦め作品をお知らせします。

下記の彩の国シネマスタジオで話題にのった新作を上映しているので、参考になさってください。


彩の国シネマスタジオ 埼玉映画ネット

http://saitamaeiga.campany.net/point/ 


やる事が山積みにもかかわらず、主人と一緒に「オリエント急行殺人事件」に走って行って来ました。

ケネスプラナーらしい作品だと思いました。

旧作と比べると俳優陣が前作はいかにも英国俳優、今作は米国人俳優ちょっと軽いかな?

衣裳は旧作がエレガントでよかった。

ポアロはやはりケネスプラナーはさすが、セットは素晴らしく、迫力あり、カメラアングルもすばらしいものでした。

やはり劇場でなければ味わえないこの雰囲気はかけがえがないと痛感しました。

どうか来年もよろしくお願いいたします。 

                          YOKO

* 11月)  NHK BSプレミアム  009~ 213

「ニュー・シネマ・パラダイス」NuovoCinema Paradiso  (89伊仏)  ()

名作、名場面に彩られた映画への愛に満ちた映画館の物語。

映画の魅惑に取りつかれた少年トトロは、彼を映写室から追い出そうとした中年の映写技師アルフレードと友情に結ばれていく。

・名子役の笑顔とともに本当に忘れられない名作です。



* 11月)  NHK BSプレミアム  214~ 530 

「タイタニック」Titanic 97米)(二) 

1912年、沈むはずがない世界最大の客船タイタニック号大西洋横断は初航海中、氷山に衝突した。

生存者が真実を語り始め。82年前のドラマがよみがえる。アカデミー賞最多11部門受賞。

TVでは劇場程の迫力は感じられないと思いますが、監督ジェームス・キャメロンによる豪華ハリウッドムービー。

R・デカプリオ主演、セリーヌ・ディオンの主題歌は素晴らしく、いつまでも残る名作です。


* 13水) テレビ朝日系  後900~ 1107

「君の名は」 16日) 

新海誠監督作。少年と少女の心が入れ替わるという青春フアンタジーのように始まり、やがて時間と空間を超えた壮大な物語へと広がっていく。繊細な映像表現が物語をはばたかせている。幸せな映画だ。

・シネマの会で話題に上がったものですが、遠くなった青春の事私にはついていけなく、理解できなかったのですが、再度みてみたいと思います。



* 110(水) BSジャパン   755~ 954

「グラン・トリノ」GranTrino  08米)  

老境に至ったイーストウッドの心情を映し出した秀作。

がんこな老人ウォルトは臨家に住むアジア系の移民にいらだっていたが、その息子が不良に誘われ彼の愛車を盗もうとする事件が起こる。

・平凡な庶民の生活を描くイーストウッドの世界。



* 115月) NHK BSプレミアム  100~ 300

「鳥」The Birds (85)  ()

突然カモメやカラスが群れをなして襲ってくる。

身辺のどこにでもいる平凡な「鳥」一字を題名にして鳥肌が立つ恐怖を創造するヒッチコックの名人芸。

理由を説明してないから、なお恐い。

・古いものですが、カメラアングルの迫力ある映像、ヒッチコックの凄腕を確認してしまう作品。



* 121BS 日テレ    後 200~ 355

「シャレード」Charade  (63)  ()

若く美しい人妻レジーナがパリに戻ると夫は殺されていた。

正体不明の男たちに「金はどこにある」と脅かされた彼女自身も殺されそうになる。

恐いミステリーなのにとてもロマンチック。

 ・オードリー・ヘップバーンの美しさを堪能できる。


映画館の映画 私が観たい近くの映画館上映のNew Movie

「スターウオーズ/最後のジェダイ」  12/15 MOVIXさいたま  ユナイテッド浦和


*「キングスマン・ゴールデンサーカス」 1/5~   MOVIXさいたま  ユナイテッド浦和


*「わすれな草」  1/51/8  彩の国シネマスタジオ 


*「光をくれた人」 1/251/28   彩の国シネマスタジオ 



ユナイテッドシネマ浦和 

新都心のMOVIXさいたま 

彩の国シネマスタジオ 埼玉映画ネット
http://saitamaeiga.campany.net/point/          



..... Ads by Excite ..... 


[PR]
by sscinema | 2017-12-27 22:46 | お知らせ | Comments(0)